スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
メモ
2009 / 01 / 27 ( Tue )
私は横着で、ほとんど手帳を使いません。
一応こだわって、野口悠紀雄氏開発の『超整理手帳』をかれこれ10年以上持って歩いてはいますが、管理するほどのスケジュールもないということで、ほとんど使わずにきました。
しかし、以前にも書いたことがあると思いますが、ブログを書こうとPCの前に座った途端、書こうと思っていたテーマが頭から出て行ってしまうということがままあるのです。
そんな時、手帳にメモしておけばよかったと後悔します。
一方で、書こうと思っていたテーマが、書こうと思った時に同じテンションにならずにお蔵入りすることもあったりするのですが。
何しろ、今この瞬間も書こうと思ったテーマが思い出せないで立ち往生しています。
最近は、やらなければならないことも増えてきて、何かと忙しくなってきていますので、せっかくいい手帳を持っているのですから、これを活用しない手はないと感じる日々です。
もう少しマメにメモを取り、書く時間がないということはさて置き、少なくともテーマが思い浮かばないということはなくしたいと思います。
スポンサーサイト
09:21:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肩甲骨
2009 / 01 / 22 ( Thu )
肩甲骨の周囲の柔軟性が体の使い方に影響が大きいというようなことを読んだような気がして、いろいろと肩甲骨を動かすストレッチなどをしてみましたが、何となくしっくりきませんでした。
ある時テレビを見ていたときに、プロゴルファーの青木功さんが出演されていらして、あるストレッチを紹介されていました。
それは、両腕を力こぶを作るように肘を直角に曲げ、肘は方の高さくらいに保ち、二の腕は空に向け、そのまま胸を張るように肘を後ろの方に持って行きます。その後、今度は逆に肘と二の腕が体の正面でくっつくようにします。
この運動がとても肩甲骨付近の筋肉を緩めるのにいいようなのです。
この運動を知るまでは、自分で肩甲骨を動かしてみると背中の筋肉がゴリゴリと音を立てたものです。
それが、この運動を始めてから、少なくともゴリゴリということはなくなりました。
それどころか、この運動と関係があるのかどうかわかりませんが、左肩の痛みがかなり緩和され、可動域が広がったような気がするのです。
ひと頃は腕をスムーズに回すこともできなかったのが、今では腕立て伏せも何とかできるようになりました。
これが肩甲骨の周囲の柔軟性を高めた結果なのかは今のところ定かではありませんが、とりあえず私は、成果があったのだと認識しています。
10:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気管支炎
2009 / 01 / 20 ( Tue )
新年早々風邪をひいてしまったのですが、それが気管支炎を併発して難儀しております。
元々気管支が弱く、気管支炎にかかるとせきがなかなか抜けないことが過去にもあったのですが、今回、まさにそのような状況になってしまっております。
周囲の人には、「風邪はウイルス性、気管支炎は細菌によるものなので、うつらないから大丈夫」とか言っていますが、それでも近くでせきをされれば気持ちがよかろうはずもなく、肩身の狭い思いをしています。
一応医者に通い、薬を処方してもらっていますが、なかなか完治しないでおります。
ただ、今回処方していただいた気管を広げるという薬は効果があり、この薬でかなり楽にはなりました。
皆さんも、風邪などひかぬようお体に気をつけてお過ごしください。
10:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京の女の子は強い?
2009 / 01 / 17 ( Sat )
最近、朝の通勤ラッシュ少し前の電車に乗ることが多いです。
ある朝、私が電車に乗り込むと後ろから押されて私が肩から掛けているバッグが、女子高生らしきお嬢さんのバッグを押す形になりました。
その女子高生、私のほうをキッと睨みつけ、というのは冗談ですが、しっかりと私のバッグを手で押し返し自分の立ち位置を確保しました。
まだ満員電車というにはスペースもありましたのでそういうこともできたのだと思いますが、それでも毎朝思いますが、東京というところは早い時間からたくさんの人が電車を利用しているもので、学生さんもかなりの割合を占めます。
そういうまだ若い頃から結構な乗車率の電車に乗って通学をするという経験が、東京の女の子を逞しくしているのかなどと考えてしまった朝でした。
10:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
続けるということ
2009 / 01 / 09 ( Fri )
先日ご紹介しました上大岡トメ氏、池谷裕二氏共著の『ノウダマ』を読み返して思ったことがあります。
それは、続けるということにはかなり幅があって、途切れ途切れであってもやっていることがあれば、それも続けることになるのではないかということです。
確かに効果のことを考えれば、毎日やる方がいいのでしょうが、例えば禁煙、これを何年も続けることはできない人にとっては難しいことのようですが、何度も挑戦しているとすれば、禁煙が続いているとはいえないかもしれませんが、禁煙に挑戦し続けていることにはなるのではないでしょうか。
何故こんなことを考えたかというと、らくだがなかなか身につかない生徒がいて、そういう子にこの子は続けるのが苦手だからと言ってしまっては、身も蓋もないのではないかと考えたからです。
そういう子でも、時折やる気を出すことがあります。しかし、得てして続かない。
でも、『ノウダマ』に書かれているように(最新の脳科学が言っているように)人間の脳は「三日坊主」になりやすい性質を持っていて、仕組みを逆手に取ることで「続ける」ことにコツがあるのだとすれば、投げ出すのではなくて、何度も挑戦してみて少しづつそのことを身に沁みこませて行く過程こそが成長と言えるのではないかと思ったのです。
だから、できることだけがいいことではなくて、できないことを受け入れる必要があるということになるのでしょう。
とすれば、生徒とのやり取りの中で如何に淡蒼球を刺激する行動を起こさせるかということが指導者が留意しなければならないことなのだと肝に銘じたのでした。
10:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
親というものは
2009 / 01 / 08 ( Thu )
すでにお知らせしているとおり、風邪をひいてしまっています。
今日、医者へ行って薬を処方してもらってきましたが、よくはなってきているようです。
私は気管が弱いらしく、かせが気管支炎をおこして長引くことがままあります。
今回も同様で、咳が出て夜中に起きたりするので、つらいところもあるのですが、聴診器で呼吸器の音を聞いてもらいましたが、変な音はしないということで肺炎をおこしているということではないようです。
それにしても、周りの人にうつしてはいけないと思いマスクをしていますが、その私の様子を見て母は「可愛そうに、お医者さんを紹介しようか」というのです。
自分の方が余程体が不自由で辛いだろうに、子どものことを心配してくれています。
親というのは、そういうものなのだなとつくづく思い、感謝したのでした。
11:13:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
不安定の強さ
2009 / 01 / 07 ( Wed )
お正月番組の中で、超人気芸人Sさんと超人気グループのKさんがゴルフ対決をしていました。
ホールごとにいろいろな仕掛けがあって、楽しい番組になっていました。
その仕掛けの中に、ゆらゆら揺れる台の上に乗ってショットをするというものがありました。
普通の感覚では、足元がしっかりしていない中ではきちんとしたショットはできないと思われます。
しかし、テレビで放映された範囲では、距離こそ出ないもののそれなりにまっすぐ飛んでいた印象でした。
私なども林に入れてしまって出すだけのショットの時の方が、キチンとボールを捉えることができたりするのですが、ティーグラウンドやフェアウェイ上での何も障害のない環境でのショットより、余分な力が入らなくていいようです。
また、Sさんは収録時腰痛とのことで腰を回せず、それこそショットの後倒れこむようにしていましたが、これも古武術的にいえば「踏ん張らない、ねじらない、うねらない」結果になり、よかったのではないかと感じました。
他のスポーツでもそうですが、足元をしっかりというセオリーには、見直す余地があるように感じたのでした。
10:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
食べすぎ
2009 / 01 / 06 ( Tue )
昨日は、年末年始にかけて気が緩んで、風邪をひいたという話をしました。
気が緩んだといえば、この年末年始は暴飲暴食を繰り返し、お腹周りが少し膨らんできたような。
昨年11月にフルマラソンを走ってから(実際にはその少し前くらいから)、身の回りが少しバタバタしてきて、ジョギングができなくなっております。
まあ、やろうと思えばできないことはないのでしょうが、忙しさにかまけて自分を誤魔化しています。
このままやめてしまうのか、それとも生活習慣をもう一度立て直してジョギングを続けるのか、自分自身と向き合う必要があります。
実は、やめてしまおうかという気持ちが強かったのですが、このお腹を見ていると、このままではいけないという気持ちがむくむくと頭をもたげてくるのも否定できません。
早いうちに、決断をしたいと思います。
10:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風邪
2009 / 01 / 05 ( Mon )
ついうっかり、風邪をひいてしまいました。
数日前から痰がからむようになり、今度はせきが出始めました。
この数年、それこそ風邪もひかずにきたのですが、この年末に少し気が緩んだようです。
これから、医者に行って、薬を処方してもらってこようと思います。
風邪はという病気は、ウイルス性のものなので、治す薬はないといいますが、症状を抑えることで体力を抗体を作るほうにまわすというのが風邪の治し方ということらしいです。
実際、せきをしているだけでかなり体力を消耗しますからね。
皆さんも、お体にはお気をつけください。
10:00:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
推薦図書
2009 / 01 / 04 ( Sun )
『のうだま やる気の秘密』上大岡トメ&池谷裕二著
らくだメソッド開発者の平井雷太氏も氏の発行する冊子『らくだメソッド』の中で触れていらっしゃいますが、この本は、目からうろこの素晴らしい本です。
らくだメソッドをやってみたけど続かない、どうやったら毎日できるのだろうと思い悩んでいらっしゃる方は是非ご一読の上、即行動を起こしてみてください。
毎日が無理でも、必ず投げ出さずにそろりそろりでも続けられると思います。
23:55:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夜空
2009 / 01 / 04 ( Sun )
この年末年始は、いい天気が続いていますね。
私は、母のところで食事をして夜に自分のアパートに帰るのですが、ここ何日か空を見上げてみています。
東京の空でもこんなに星が見えるのかと思うほど星が沢山瞬いています。
年末年始で経済活動も一息ついている状況で、スモッグも少なくなっているのかもしれません。
私は星座のことはさっぱりわからないのですが、何かそれらしい星を見つけて楽しんでいます。
00:21:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人と接しなくていい社会
2009 / 01 / 02 ( Fri )
先日、大学時代の友人とあるチェーンの居酒屋に行きました。
その店は、卓に端末があり、オーダーはその端末でできるようになっていました。
もちろん通りかかった店員さんに頼むこともできるのでしょうが、店員さんが近くにいないか探さなくていいし、大きな声で店員さんを呼ばずにオーダーができるのでした。
私の友人はそのシステムに痛く憤慨をしていました。
確かにお客様が自分でオーダーすれば、ミスはお客様の責任になるのでトラブルは減るかもしれないが、これでは店員さんは、ただ作業をするだけで、人と接するから起こるトラブルを解決する能力が育たないではないか、と。
その店を展開する会社とすれば、仕事を標準化して誰が入っても同じサービスを提供できるようにするというのは、今の時代、当然のことなのでしょう。
しかし、そういう仕事ばかりをしている人たちが、後で振り返った時にその仕事をしてこれを学んだという確固としたものを得られるのでしょうか。
得たものを活かして更にステップアップするというようなことを望めるのでしょうか。
実は、こういう考え方が家庭教育の中にも浸透しつつあるのではないかという気がして、その方が余程問題だと思われます。
子どもの人生に親がレールを敷いてしまって、子どもが自ら何かに挑戦しようだとか、失敗を経験することから回避させるように仕向けているところがあるのではないでしょうか。
そういう教育がいいものか、少し考えてみる必要があると思います。
17:39:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あけましておめでとうございます
2009 / 01 / 01 ( Thu )
ここ数ヶ月、ブログの更新が儘ならない状況ですが、新年を迎え、もう一度挑戦してみたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。
11:11:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。