スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
写真
2010 / 02 / 23 ( Tue )
9日にエントリーしましたように、高校のアメフト部の写真で協力をすることになったわけですが、おかげさまでご父兄の方々にはご好評をいただいています。
しかし、一方で、いい意味でのプレッシャーを感じるようになってきました。
というのは、今私が仕事で撮っているケースというのは、会社から派遣されて撮影させていただいているわけで、大会の関係者にしろチームの監督、コーチにしろ、私は数多くいるカメラマンの中の1人であり、仕事としては、とりあえず1回完結です。
ところが、今回のような場合は、ご父兄の方たちは、「私が撮った写真」ということが意識されますし、前の試合の写真と比べる視点が入ってくると思われます。
となると、同じような写真を撮り続けるわけにはいきません。
もちろん、同じプレーというのも厳密にいえばないわけですが、少しずつ進化をしていく必要があると思います。
そういう意味で、新たな課題に向き合っていこうと思っています。
スポンサーサイト
07:02:44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
儚い
2010 / 02 / 16 ( Tue )
「儚い」と言っていいのかわかりませんが、バンクーバーオリンピックでの上村愛子さんの競技が終わって、私の頭に浮かんだのは「儚い」という言葉でした。
4年間積み重ねたものの、どう言えばいいのでしょうか、たった1回のトライアル(予選を含めれば数回の場合もあるかもしれませんが)で、順位がついてしまう、そういう世界を私は「儚い」と感じたのでした。
それまでのいろいろな大会での結果は関係ない、みんな、ここでの勝利を目指して4年間をひたすらトレーニングに励んできた、それが一瞬で結果が出てしまう世界。
それまで調子が良くても、1番を取れても、ここでメダルを取れなくてはそれまでの努力が報われない(本当はそんなことはないのだと思いますが)世界。
私は、結果はどうあれ、選手の競技にかけた人生を讃えたいと思います。
00:10:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今回は、少し毛色の違う話です。
2010 / 02 / 12 ( Fri )
ネットのニュースを見ていたら、牛丼チェーンの売り上げが失速と出ていました。
12月に値下げをした2社の1月の売り上げが、前年比でそれぞれ2.2%、4.4%マイナスだったとか。
しかし、2社の値下げに追随しなかったもう1社の売り上げが13.1%マイナスだったということですから、売り上げベースで見る限り、単純に失速と言っていいものかわかりません。
12月の実績がこの記事には出ていないというのも、味噌です。
私は、この記事について、「失速」という見出しにつられたので、読んでみると、本当のところはどうなのだろうと思いました。
企業の目的は利益をあげることなので、そこのところについての論評が何もないこの記事では、正直、何が問題なのかわかりません。
センセーショナルな見出しは、確かに人の目を引くわけですが、中身の伴なわないニュースが最近は多いような気がします。
この記事に限らず情報操作とまでは言いませんが、マスコミに世論が振り回されている節が見えなくもなく、気になる今日この頃です。
23:28:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人のお役にたてる幸せ
2010 / 02 / 11 ( Thu )
9日のブログに書きましたが、高校のフットボールの写真を父母会に方に送り、そのお礼のメールをいただきました。
私の撮った写真を大変気に入っていただき、お礼の言葉を頂戴いたしました。
人から感謝をされるというのは、なかなか気持ちのいいものだと改めて感じました。
いつも自分のことでいっぱいいっぱいの私としては、誰かのお役にたてるようなこともなかなかできずにいますが、今回、私のしたことで喜んでくださる方がいらっしゃるというのは、本当にありがたいことだと思いました。
大したことはできませんが、これからも、誰かのお役にたてるような生き方をしていきたいと思います。
23:45:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
感謝
2010 / 02 / 10 ( Wed )
今日も、一日大きな問題もなく過ごすことができました。
ありがとうございました。
23:19:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
縁とは不思議なもの
2010 / 02 / 09 ( Tue )
私がお手伝いをさせてもらっているフラッグフットボールチームは、私が卒業した大学が設立したNPOが母体となっています。
その関係もあり、大学の体育会のアメフト部のグランドを使わせていただいたり、選手との交流があったりしています。
私は、仕事の関係でなかなか参加できないので、フラッグフットボールそのものではなく、試合の写真を撮る部隊として参加させてもらっています。
先日、スタッフのミーティングがあり、その席で、大学のアメフト部の試合や、附属高校のアメフト部の試合の写真も、時間の都合のつくときでいいので撮ってもらえないかというお話をいただきました。
私は快諾し、一昨日、高校の試合を撮りに行きました。
監督さんに挨拶をしたら、父母会の後方の方と連絡をとってうまくやってほしいと言われました。
そんなことで、父母会の方と連絡先の交換をさせていただきましたが、まだ写真を見る前から大変喜んでいただき、私としては内心こそばゆい気もしたりもしました。
この縁がどうなっていくのかわかりませんが、思わぬ縁をいただき、人生の不思議を感じたのでした。
15:38:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オリンピック
2010 / 02 / 07 ( Sun )
オリンピックにしろ、ワールドカップのサッカーにしろ、毎年のNFLのシーズンにしろ、始まるまではそれなりに盛り上がるのですが、いざ始まると、結局ほとんど見ること(と言ってもテレビ観戦であるにも関わらず)なく終わってしまうことが多いです。
今回のバンクーバーオリンピックも、フィギュアスケートなど、見たい種目はありますが、多分生中継を見ることはなく、結果をニュースで知ってしまった後にダイジェストを見ることになるのでしょう。
そんな気がします。
23:09:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「自己組織化」と「有坂方式」
2010 / 02 / 05 ( Fri )
東京大学准教授の池谷裕二氏の著作『単純な脳、複雑な「私」』を読みました。
その付論で面白いシュミレーションを紹介しています。
ざっと説明すると、例えば10×10のマスを用意して、それぞれのマス目をランダムな色で塗ります。
それから、またひとつランダムに色を選び、その色に一番近いマス目の色と混ぜます。同時にそのマス目の周囲のマス目にも選んだ色を少し混ぜます。
この作業を「暴露」というのだそうですが、これを繰り返すと自然と色の分類(これを「自己組織化」と言うのだそうです)が始まるのだそうです。
そして、この「暴露」という行為をある小説に適用したものを卒業論文とした学生が、池谷氏が留学していたコロンビア大学にいたのだそうですが、これをすると、小説の内容が分類されてわかりやすく要約されたのだと言います。
このエピソードを読んだ時、私は浪人時代を思い出しました。
私が通っていた予備校に有坂先生という名物講師がいて、その先生が、現代文の読解法として提唱されていた方法がありました。
それは、よく出てくる単語を丸で囲み、線でつなぐ。順説の接続語は逆三角形で囲み、逆説の接続語は普通の三角形で囲む。「ねばならない」などの二重否定語は二重丸で囲む、というものでした。
残念ながら、私は浪人時代にはこのメソッドの意味がわからなかったのですが、池谷氏の本を読んで、「有坂方式」は、この「暴露」と同じことなのだと思いました。
この印をつけていくことで、文章の骨格が浮き彫りにされていくのですね。
私は、そのことに浪人時代から何十年も経って、「ああそういうことだったのか」と腑に落ちたような気がしたのでした。
20:33:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人見知り
2010 / 02 / 05 ( Fri )
昨日、あるミーティングがあり、出かけてきました。
出席者は、ほとんど面識はあるのですが、あまり話したことがありません。
私は、そういう席に出るのがとても苦手です。
どういう話をしていいのか分からず、変に酒を煽って悪酔いをするのが落ちです。
半月ほど前にもそういうことがありました。
昨日も、そういう危惧があったので、行きたくない気持ち半分、でもこういう機会を逃すと、いつまで経ってもみんなとコミュニケーションが取れるようにならないので、行かなければという気持ちが半分でした。
実際行ってみて、うまくいったところもあったし、自分を語って引かれた部分もあったしという結果でした。
でも、こうすればいいのかなというのを少しわかったような気がするので、私にとっては収穫だったのだと思います。
大体が、この日でなければ出席できないという日に設定されたのも、何かの縁だったのだと思います。
00:46:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
友達
2010 / 02 / 03 ( Wed )
昨日は時間があったので、本当は母の見舞いに行けばよかったのでしょうか、前の仕事でお世話になった方の会社を訪ねました。
しばらくご無沙汰をしていたので、顔出しのつもりでした。
その方は、私と話した後に来客があり、出かけられましたので、その会社で働く以前の仲間としばらく話をしました。
さあ帰ろうということになった時、「チョンガーを一人で帰すのも気の毒だし」と言ってくれて、一杯付き合ってくれたのでした。
あーでもないこーでもないといろいろな話をして、楽しい時間を過ごせました。
その友人に感謝です。
12:35:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家の掃除
2010 / 02 / 01 ( Mon )
今日は、自分のアパートの部屋の掃除をしています。
狭い部屋なのに、いや狭いからなのか、非常に散らかっています。
月に1回とは言え、街頭清掃に参加している身として、自らの身の回りの片づけができていないことに後ろめたい気持ちになりました。
街頭清掃もそうですが、1度やっても、日々、秩序が崩れていくのが常です。
それぞれのものの、おき場所を考える、うちの場合、とても狭くて収納家具とかもほとんどないため、ついつい「とりあえず」という感じでそこらに物を置いてしまいます。
しかし、そこを工夫するのが片づけなのだと思い至り、何とかそれぞれのものの居場所を見つけるべく格闘しています。
何とか落ち着く場所を見つけたら、使ったら必ずそこに片づけるという習慣をつけなければなりません。
でも、そうやって部屋の中が片づくのが、とても楽しみです。
16:40:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。