スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
公立図書館
2009 / 09 / 07 ( Mon )
最近、私の住まいの周辺の水道工事があって、工事現場の脇を通ろうと思っても、道が狭い時は、迂回をすることになり、近所の区立図書館前を通り過ぎる機会が何回かあって、気になったので入ってみました。
今年の5月オープンということでとてもきれいで、気持ちのいい図書館でした。
利用者も、私が出入りした時間帯に限って言えば、いつも2、30人の方がおられ、図書館の規模からすると、まあまあ利用する人がいるんだなという印象でした。
そんなことがあって、せっかくだからと本を借りてみました。
最初に登録をして「利用カード」を作ってもらいます。
そうすると、窓口でも受け付けてもらえますが、端末の置いてある場所に行くと、自分で貸し出しの手続きができます。
それにはICチップの技術が導入されていて、借りたい本やCDをテーブルの上に置きさえすれば、重ねておいても自動で本やCDを読み取ります。
スーパーなどではまだ確実性の問題なのかコストの問題なのか導入されていませんが、ここの図書館ではICチップの技術が使われているのでした。
「利用カード」は、区内にある12の図書館(多いような少ないような)で共通に使え、申し込めば他の図書館の書籍を取り寄せてくれたり、他の図書館に返却ができたり、インターネットで予約ができたり、図書館も進化しているのだなと思いました。
私が出入りするようになったのが8月で夏休みだったこともあり、子どもたちの姿も見えましたが、9月に入って、平日のお昼ころに行ってみても、主婦層や年配の方々が多く利用されておられ、私の住んでいる地域は、現在回収中とは言え、石神井図書館がすでにある(受験生時代に、自習室を随分使わせていただきました)ので、新しい図書館の建設には疑問符をつけていましたが、一定の実績は上げているのかとも思いました。
私は、お金があれば本を買うかお酒を飲むかというようなことで学生時代からやってきましたので、本は本来買うものなのですが、今はそういう余裕がないことと、さらっと読んでみたい本というのもあって、私の場合は購入した本は基本的に売ったり、捨てたりしないので、そういう本は買わずに借りる手もあるか、ということで今回借りてみたわけです。
区の財政とかいう難しい問題もありますが、とりあえず図書館の良さを少しだけ感じた今日この頃です。
スポンサーサイト
10:20:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クライマックスシリーズ | ホーム | 家族のきずな>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kagayakijuku.blog81.fc2.com/tb.php/465-3dcf8486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。