スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
息子の成長2
2009 / 09 / 24 ( Thu )
一昨日の晩、息子から電話がありました。
ラグビーの試合の内容についてでした。
その試合は、点の取り合いになり、最終的にトライの数がどうだったのか、私自身あやふやなところがあり、息子のチームの顧問の先生が喜んでいるのを見て勝ったのかと思っていたのでした。
ところが、息子がゴールに飛び込んでボールをグラウンディングしたのがノックオンを取られた分の一本が足りなかったようでした。
息子は、そのプレーがトライではなかったか、私が証拠になる写真を撮っていなかったかを尋ねてきたのでした。
帰ってビデオを見ると、納得のいかない反則も取られているとも話していて、負けたことが悔しくて仕方がないようでした。
もう試合は終わって結果も出てしまっていることなので、どうしようもないことはわかっていても、その試合が負けとなると中学時代の公式戦が終わってしまうことを思うと、やり場のない切なさを感じていたのでしょう。
終わってしまったことについて、そうやってグズグズ考えるところはまだまだ子どもっぽさが抜けないなと思いながら、話し方など随分と落ち着いてきて、成長も感じたのでした。
一人の男同士として、話しができるようになってきたように感じたのでした。
スポンサーサイト
10:22:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<座禅の会 | ホーム | 息子の成長>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kagayakijuku.blog81.fc2.com/tb.php/472-c714091c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。