スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
分類が苦手
2009 / 10 / 16 ( Fri )
先日、こんなことがありました。
実は、先週の土曜日、私が母を訪ねると、母が口から血を流して倒れていました。
とは言っても、血の海の中に倒れているというほどではなかったのですが、かかりつけのお医者さんに連絡を取り、救急車を呼ぶことになりました。
救急隊の人に質問をされるのですが、どうもうまく答えられません。
たとえば、認知症について。
確かに、母は、私のことを弟と間違えることはあります。
しかし、おかしなところは、その程度で、認知症と言っていいのか私には判断がつきませんでした。
私が、以上のようなことを説明すると、救急隊の人は、「まあ、認定を受けていなくても、このくらいの年になると、いくらか認知症の症状は出るから」ということで、認知症があると書類に書き込んでいました。
私は、どうもそのように、言い切ってしまうことが苦手で、病院に行って、看護婦さんからいろいろ質問を受けた時も、同じように、状況を一生懸命説明している私がいました。
何か、いろいろなことを一言で言い切ってしまうと、大事なことが伝わらないような気がするのです。
私のそんなところをピントがずれているという人がいるのですが、性分なので仕方がないと私は思っています。
スポンサーサイト
13:01:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<母らしい | ホーム | 読み書き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kagayakijuku.blog81.fc2.com/tb.php/479-1178d4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。