スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
転ばぬように
2012 / 01 / 11 ( Wed )
今日、お母さんが小さい子の手を引いて歩いているのを見て、昔、知り合いのお医者さんから言われた言葉を思い出しました。
それは、サマーキャンプでのこと、私が長女と散歩しているときに手をつながずにいて、長女が躓いて転んだりしているのを私が平然と見ていることに対して言われたことでした。
「一人で歩かせないとバランス感覚が養われないんですよね」
東京では車の通行が多いので、手を放して歩いている親子を見るとこちらがハラハラすることもあります。だから手をつなぐのがいけないというつもりはありません。
ただ、転ばぬように手をつなぐということが、忘れ物をしないようにすべてお母さんが揃えてあげる、あれもしてあげるこれもしてあげる、というようになっていくとそれが子供のためになるのかなと思ってしまったのです。
かくいう私が、小学生時代忘れ物の大王で、当時(私は知らなかったというか記憶がないのですが)母がしょっちゅう学校に届け物をして、先生から「本人のためにならないから、持ってこないでくれ」と言われたと大人になってから聞かされました。
私自身は、忘れることに悪気を感じていなかったというか開き直っていた部分もあったので、そういう子供に何を言っても無駄でした。
今でも忘れ物が決して少なくはない私ですが、いい年になって忘れたでは済まないことがあるということをいい加減経験してきていますので、自覚が当時とは比べ物にならないですからそれなりに対処を考えるようになり、それなりの成果もあげています。
結局、本人が自覚しなければ、変わらないということなのですね。この自覚をさせるというのが難しいことではありますが。
だから自覚が育つまで面倒を見てあげようとするのか、自覚が育つように工夫してみるのか、それは育てる人の考え方次第です。
スポンサーサイト
21:34:03 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 子どもは自然>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kagayakijuku.blog81.fc2.com/tb.php/552-d91ee61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/05/06 05:03】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。